RKB NEWS

福岡県DV啓発ポスターが広告賞受賞

1月31日(木) 12時03分


配偶者や恋人からの暴力DV=ドメスティック・バイオレンスの防止を啓発する福岡県のポスターが広告賞を受賞しました。

こちらが、「消費者が選んだ広告コンクール」で広告賞を受賞した福岡県のDV防止啓発ポスターです。

ほほを赤らめている2つの赤い丸が目尻や口元に移動すると、一転して暴力を受けた痣に見えます。

「愛情がズレただけ?」「いいえ、それは暴力です」という文字とともにDV被害の深刻さを訴えました。

県によると、DVの相談件数は2017年度で2558件に上り、女性の4人に1人、男性の10人に1人がDV被害の経験があるとうことです。

ポスターは2017年に製作されましたが、「シンプルなのに胸に刺さる」などと反響を呼び今年度も継続して使用されています。

2019年1月31日(木)のニュース