RKB NEWS

太宰府天満宮で「曲水の宴」

3月3日(日) 18時32分


平安時代の貴族の遊びを再現する「曲水の宴」が、きょう太宰府天満宮で開かれ、十二単に身を包んだ参加者が優雅に和歌を詠みました。

「曲水の宴」は、きょう午後1時ごろから太宰府天満宮の境内で開かれ福岡親善大使など14人が参加しました。

曲水の宴は曲がりくねった水路に酒の盃を浮かべて、自分の前に盃が来るまでに手にした短冊に和歌をしたためる中国発祥の宮中行事です。

参加した人たちは、十二単や衣冠束帯など平安時代の衣装に身を包み、筝曲の調べが流れる中、思い思いの和歌をしたためていました。

太宰府天満宮の曲水の宴は平安時代に始まり、その後、一旦途絶えたものの1963年に復活し、今年で56回目を数えます。

2019年3月3日(日)のニュース