RKB NEWS

ブータン人留学生の“困窮”訴え

3月9日(土) 12時32分


日本語学校に通うブータンからの留学生が学費の借金返済で生活に困窮している現状を、支援団体のメンバーが福岡市で訴えました。

支援団体によりますと、おととし4月からの1年間で、福岡県内の日本語学校に留学しているブータン人は115人です。

その多くが、ブータンの公務員の年収の3倍にあたる120万円の借金をして来日しています。

80万円の学費とあわせ返済のために働かざるを得ず苦境に陥っており、生活支援への理解を訴えました。

2019年3月9日(土)のニュース