RKB NEWS

“官製談合”築上町職員・九電工社員を送検

3月10日(日) 18時50分


福岡県築上町の公共工事入札をめぐる官製談合事件で、逮捕された築上町の職員と九電工の社員の身柄が、検察庁に送られました。

築上町の環境課長・長部仁志容疑者(54)は、3年前に町が発注した「し尿処理施設工事」の一般競争入札で、九電工が落札しやすいように入札の参加条件案を作成するなど便宜を図った疑いできのう逮捕され、きょう午後、送検されました。

この事件では、元町議を通じて長部容疑者から入札に参加する事業者の数と事業者の名前を聞き出した疑いで、九電工の行橋営業所長・小田伸幸容疑者(56)も逮捕され、きょう送検されました。

警察は関係先として築上町役場と九電工の本社を家宅捜索し、押収した資料をもとに詳しいいきさつを調べる方針です。

2019年3月10日(日)のニュース