RKB NEWS

九電工の営業所長「築上町議に便宜依頼」

3月11日(月) 12時04分


福岡県築上町の官製談合事件で、逮捕された九電工の行橋営業所長が、
入札条件を担当する町の課長と親密な町議に便宜を図ってもらうよう依頼していたことが分かりました。

築上町が3年前に発注した「し尿処理施設」の入札をめぐるこの談合事件では、
町の環境課長・長部仁志容疑者と九電工の行橋営業所長・小田伸幸容疑者が逮捕されています。

捜査関係者によりますと、小田容疑者が、九電工が落札しやすい入札条件を設けてもらうために、
この工事の入札条件を担当する長部容疑者と親密な町議に橋渡し役を依頼していたことが新たに分かりました。

九電工側の意向は、町議を仲介して長部容疑者が知ったとみられ、
警察は、九電工に有利な入札条件が設けられる過程で、金銭のやり取りがなかったかも調べています。

2019年3月11日(月)のニュース