RKB NEWS

長女が放火か小倉南火災~親子げんか原因?

3月13日(水) 19時59分


北九州市小倉南区の住宅がおととい、半焼する火事があり、放火だった疑いが出ています。

警察は、親子げんかのもつれで40代の長女が火をつけた可能性があるとみて、詳しいいきさつを調べています。

火事があったのは、北九州市小倉南区葛原にある2階建ての住宅で、おととい夜に火が出て、当時、家にいた70歳の母親と40代の長女がのどなどにやけどを負いました。

2人は今も病院で治療を受けています。

近所の人によると、親子は火事の直前に激しい口論をしていたとされ、警察はその際、長女が本に火をつけて部屋に投げ入れた可能性があるとみています。

人がいる建物に火をつけた場合に適用される「現住建造物等放火」の疑いもあり、警察は長女の回復を待って、事情を聞くことにしています。

2019年3月13日(水)のニュース