RKB NEWS

黒田藩の武将たちが練り歩き

3月31日(日) 18時24分


福岡県ゆかりの黒田長政率いる武将たちが、桜が満開を迎えている福岡市中央区の舞鶴公園の中を練り歩きました。

福岡藩初代藩主・黒田長政と黒田家の武将たちを模した甲冑姿の武士たちは、福岡市中央区の光雲神社から、およそ1.5キロの道のりを1時間かけて練り歩きました。

この「黒田二十五騎」は、400年前の安土桃山時代に活躍した長政とその家臣たち24人の総称として、言い伝えられてきたものです。

きょうは、少年武者や稚児もあわせて104人が「武者行列」として、都心を歩き、目的地の鴻臚館広場に着くと「エイエイオー」と勝どきをあげました。

この武者行列は、「福岡城鴻臚館まつり」のメインイベントとして毎年、行われているもので、今年で40回目です。

2019年3月31日(日)のニュース