RKB NEWS

トランスジェンダー受け入れ検討~筑女大

4月4日(木) 19時44分


“多様な性”をめぐり女子大学が新たな動きです。

筑紫女学園大学は、戸籍上は男性でも心は女性というトランスジェンダーの学生の受け入れに向けた検討を始めると発表しました。

●筑紫女学園大学中川正法学長
「戸籍上男性であっても入学を望む方がいるなら全ての人を受け入れる本学のつとめです」

太宰府市の筑紫女学園大学はきょう、戸籍上は男性でも心は女性というトランスジェンダーの学生の受け入れについて、今月から検討を始めると発表しました。

多様な性を尊重する時代の要請に応えたとしています。

今後、学内説明会を開くと共にトイレや更衣室といった施設の問題などを検討した上で、受け入れるかどうかを今年度内に判断する方針です。

大学によりますと、先月アンケート調査を実施した結果、ほとんどの学生が抵抗なく受け入れられると答えたということです。

●インタ学生
「これまで女子高で、そういう人もいたけど、何の抵抗もなかった。いろんな人が一緒に学べることはいいことだと思う」

トランスジェンダーについては、東京のお茶の水女子大学が来年度からの受け入れを発表しているほか、福岡女子大学も去年から検討を始めています。

2019年4月4日(木)のニュース