RKB NEWS

7人制ラグビー女子代表サクラセブンズ久留米市でキャンプ

4月15日(月) 12時09分


今月20日から7人制女子ラグビーの国際大会が開かれるのを前に、日本代表選手らが久留米市で強化キャンプを行っています。

久留米市で強化キャンプを行っているのは7人制ラグビー女子日本代表「サクラセブンズ」の選手10人です。

最終日のきょうは大久保勉市長が訪れ「国際大会ではぜひ頑張ってください」と激励しました。

チームは今月20日と21日に「ミクニワールドスタジアム北九州」で開催されるワールドラグビー女子セブンズシリーズでプレーする予定です。

久留米市は、近隣にある大学のジムや病院の施設を活用しスポーツ団体の受け入れを進めていて、去年は7人制ラグビーの男子ユースチームが強化合宿を行いました。

2019年4月15日(月)のニュース