RKB NEWS

福岡空港3300億円投資~ホテルなど建設

4月24日(水) 19時48分


今月民営化された福岡空港の運営会社が、今後30年間の事業計画を発表しました。

総投資額3300億円を見込み、ホテルや旅客ビルも建設します。

福岡空港の運営会社=福岡国際空港は、きょう、今後30年間の事業計画を明らかにしました。

路線数を国の内外、あわせて100路線まで拡大し、旅客数を年間、3500万人に伸ばして、東アジアトップクラスの国際空港を目指すということです。

●福岡国際空港永竿哲哉社長
「増大する航空機需要を取り込み、交流人口を増加させ、西日本、九州、福岡の活性化に寄与する」

国内線側には商業施設やホテルを整備し、国際線側には格安航空会社=LCC向けの旅客ビルを建設するほか、九州初進出となる高級ホテルを誘致します。

また、離着陸可能な便数を増やすため誘導路も拡充し、総投資額は3300億円を見込んでいます。

2019年4月24日(水)のニュース