RKB NEWS

篠栗で春らんまんハイキング~森歩き楽しむ

4月29日(月) 19時38分


春を感じる恒例のハイキング、きょうはあいにくの雨となったものの、福岡県篠栗町を舞台に多くの人たちが森の散策を楽しみました。

「エイエイオー」けさ、篠栗町に集まった子供から大人までのおよそ1200人は、それぞれの体力や経験に応じて、4つのハイキングコースに分かれて森歩きを楽しみました。

このうち、最も長い15キロの「米ノ山コース」は、ふもとに広がるのどかな田園風景から始まり、標高400メートルにある山腹の休憩所までを行き来するコースです。

参加者は、杉の並木道を歩き、山の中に整備された遊歩道の階段を上りながら、中間地点を目指しました。

●参加者インタ・男性
「毎年ここに登ると、リセットされてまた今年も頑張ろうと思う」

・女の子
「大変だった、おいしい」

・男の子
「ここで食べるとよりおいしい」

およそ1時間半かけてたどり着いた先で待っていたのは、地元・篠栗町の食材を使った温かい「いのしし鍋」です。

きょうは肌寒く、あいにくの雨模様となったものの参加した人たちは、ハイキングの達成感を味わっていました。

2019年4月29日(月)のニュース