RKB NEWS

最大16キロの渋滞も~高速道路の混雑続く

4月29日(月) 19時42分


ゴールデンウィーク3日目、行楽地などに出かけられた方も多いと思います。

きょうも高速道路では各地で渋滞が発生しました。

連休後半は来月3日から5日にかけて混雑のピークを迎えるとみられています。

ネクスコ西日本によりますと、午後6時現在、発生している渋滞は九州道上りが広川インター付近と基山パーキングエリア付近でいずれも9キロ、また下りでは久留米インター付近で10キロ、若宮インター付近で9キロなどとなっています。

きょうは高速道路での事故も相次ぎ、長崎道から九州道にかけて最大16・7キロの渋滞も発生しました。

ネクスコ西日本の渋滞予測ではゴールデンウィーク後半の混雑のピークは来月3日から5日にかけてと見られています。

■CG

3日は早朝から昼すぎにかけて九州道下りの筑紫野インター付近で最大20キロの渋滞。

■CG

Uターンが始まる4日と5日は夕方から夜にかけ、九州道上りの古賀サービスエリア付近と広川インター付近でいずれも最大15キロの渋滞が発生すると予想されています。

ネクスコ西日本は、渋滞のピークが予想されている日や時間帯を避けて利用するよう呼びかけています。


2019年4月29日(月)のニュース