RKB NEWS

令和の御朱印ネットで売買~200倍出品も

5月3日(金) 19時43分


令和初日の1日以降、多くの人が神社で記念の御朱印を求めましたが、その一部がインターネットのオークションサイトなどで売買されていることが分かりました。

高いものでは、元の200倍となる10万円の値が付けられています。

「令和」ゆかりの坂本八幡宮では、今月1日から記念の御朱印を1体500円で授与していて、きょうも多くの参拝客が訪れています。

「御朱印」はそもそも、参拝したことの「しるし」として受け取るものとされています。

しかし、坂本八幡宮の御朱印の一部はネット上で売買され、高いものは1体10万円もの値が付けられています。

●坂本八幡宮氏子会木原一臣会長
「(ネット出品について)心さみしいですね。常識を持って協力してほしい」

●御朱印を受け取った人‐・女性
「2時間待ちました」
「お金のためというのはうれしくない。ちゃんと価値が分かってる方が来てほしい」

もともと無人の神社だった坂本八幡宮は、氏子が臨時で参拝客に対応していて、「連休明けも御朱印を授与するかは決まっていない」と話しています。

2019年5月3日(金)のニュース