RKB NEWS

短冊に願い…小中学生は将棋大会

5月5日(日) 19時03分


きょうは「こどもの日」、各地で子供を対象とした催しが開かれています。

福岡市西区の愛宕神社では、子供たちが自分の願いを短冊に書いて本殿の前にある「子どもの木」に結び付けました。

●親子連れの女の子
「大きくなりますように」

●親子連れの父親
「まっすぐ素直で、あと大きくなればいいね」

訪れた子供たちには、たくさんのお菓子が入った袋もプレゼントされました。

一方、福岡市天神で開かれた「こども将棋名人戦」には、九州各県の学校に通う小学生と中学生300人が参加。

斎藤慎太郎王座をはじめとする著名なプロ棋士も見守る中、トーナメント戦で腕を競いました。

大会は、将棋の楽しさを伝え、地域に貢献しようと、通信事業者の「QTネット」が毎年、開いているもので、今年で6回目です。

2019年5月5日(日)のニュース