RKB NEWS

新幹線 Uターン混雑~高速道は分散化?

5月6日(月) 19時36分


史上最長の10連休となったゴールデンウイークもきょうで終わりです。

休みを行楽地やふるさとで過ごした人たちのUターンラッシュで交通機関は朝から混雑しました。

東京に帰る家族・母親
「夫の実家に行っていました。9日間いました。なかなか帰れないのでゆっくりできました」

子供
「鉄道博物館が楽しかったです」

岡山へ行く息子を見送り・母
「この春から大学に入学した息子が初めて帰ってきて、ゆっくり過ごしていました」

JR博多駅は連休を行楽地やふるさとで過ごし、東京や大阪方面に戻る人たちで朝から混雑しました。

上りの新幹線の乗車率は自由席が100%を最高におおむね70%から90%で推移しています。

指定席もほぼ満席状態でしたが、この時間はピークを過ぎ一部の列車に空席があるということです。

大北記者
「福岡にも多くの人が続々と帰ってきています」

熊本の実家から男子大学生
「明日は学校。頑張らなきゃ」

社会人の男性
「彼女に会いに岡山に。いいリフレッシュになりました」

一方、高速道路の状況です。

ネクスコ西日本によりますと、九州道上りは夕方から夜にかけて基山や広川付近で渋滞が予想されていましたが、現在のところ混雑はみられないということです。

2019年5月6日(月)のニュース