RKB NEWS

陥没道路に車転落~嘉麻市課長ら書類送検

5月13日(月) 19時40分


豪雨で陥没した道路に乗用車が転落した事故について、福岡県嘉麻市の課長らが書類送検されました。

通行止めにするなどの安全対策を怠った疑いが持たれています。

業務上過失傷害の疑いで書類送検されたのは、事故当時の嘉麻市の土木課長ら4人です。

この事故は、嘉麻市の山道で去年9月、高齢の夫婦が乗った車が道路が5メートル陥没した穴に転落したもので、夫婦はいずれも重傷を負いました。

陥没は豪雨によるもので、現場に通じる道の入り口に通行止めなどの規制はかけられておらず、誰でも入っていける状態でした。

このため警察は、行政側が安全対策を怠ったことが夫婦の事故につながったと判断して、道路を維持管理する責任者だった4人を書類送検したということです。

取り調べに対して4人は「地元の人しか通らないような道なので軽く考えていた」と容疑を認めているということです。

2019年5月13日(月)のニュース