RKB NEWS

告示前に「はがき」元水巻町長を書類送検

5月22日(水) 12時02分


先月行われた福岡県議会議員選挙に遠賀郡から立候補した元水巻町長の男性が、告示の前に投票を呼びかける文書を配ったとして、書類送検されていたことが分かりました。

公職選挙法違反の疑いで書類送検されたのは、元水巻町長の近藤進也氏です。

捜査関係者によりますと、近藤氏は、告示前の今年2月ごろ、投票を呼びかけるために、自分の顔写真や名前の入ったはがき数十枚を有権者に配った疑いが持たれています。

2009年からの4年間、水巻町長を務めた近藤氏は、先月の県議選に無所属で出馬したものの、最下位で落選しています。

一方、福岡県篠栗町の町議選をめぐっては、当選した現職の町議・大楠英志容疑者が、有権者に飲食による接待をした疑いできのう、逮捕されています。

2019年5月22日(水)のニュース