RKB NEWS

仮設住宅でひまわり種植え~福島と朝倉の絆

5月23日(木) 19時59分


福島と朝倉、災害で傷ついた2つの都市をひまわりの種でつなごうとする取り組みが続いています。

福岡県朝倉市の畑できょう種植えが行われました。

種を植えた人
「ひまわりが育つのが楽しみ」

仮設住宅の近くにある畑では、住民や地元の保育園児たち60人が、1000粒のひまわりの種を植えました。

ひまわりが育ってできた種は、8年前に東日本大震災を経験した福島県に送られ、ひまわり油に加工されます。

販売の収益は福島の復興支援に役立てられることになっていて、去年はお礼として福島の子供たちが、朝倉市でボランティア活動するなど、被災地を結ぶ絆となっています。

2019年5月23日(木)のニュース