RKB NEWS

博多旧市街 多言語ツアーガイド養成講座

5月27日(月) 12時09分


神社仏閣や古い街並みが残る「博多旧市街」の魅力を外国人観光客に伝えるツアーガイドの養成講座が福岡市で始まりました。

多言語ツアーガイドの養成講座は博多区で開かれ、1回目のきょうは一般公募で選ばれたおよそ250人のうち25人が参加しました。

これは福岡市が進める「博多旧市街プロジェクト」の一環で、寺や神社、古い町並みが残るエリアの魅力を外国人観光客に伝えます。

受講者は英語や中国語など日常会話レベル以上の外国語のスキルを持っていることが条件です。

きょうは20代から60代まで幅広い人達が参加し、ツアーガイドの業務や、宗教や食べ物といった外国人を案内する上での注意点などについて学んでいました。

あすは博多旧市街を外国語で案内する実践講習が行われ運営する企業は200人のガイドの登録を目指したいとしています。

2019年5月27日(月)のニュース