RKB NEWS

元警部銃撃 工藤会系幹部が無罪主張

5月28日(火) 12時08分


特定危険指定暴力団・工藤会が関与したとされる襲撃事件をめぐる工藤会系組幹部3人の裁判が始まり、3人はいずれも無罪を主張しました。

初公判を迎えたのは、いずれも工藤会系組幹部の田口義高被告(53)、中西正雄被告(53)、松田洋典被告(44)の3人です。

起訴状などによりますと3人は7年前、北九州市小倉南区で、工藤会の捜査に長年従事していた福岡県警の元警部の男性を銃撃して殺害しようとした、組織犯罪処罰法違反などの罪に問われています。

3人はきょうの初公判で、組織的関与について否認し無罪を主張しました。

この裁判で審理されている3つの襲撃事件をめぐっては、工藤会のトップ・野村悟被告ら最高幹部も起訴されています。

2019年5月28日(火)のニュース