RKB NEWS

母親にも油か 福岡市南区の「放火殺人」

5月28日(火) 12時08分


福岡市南区の住宅がほぼ全焼し、35歳の長女が、父親に対する殺人と放火の疑いで逮捕された事件について、この長女が「母親にも灯油をかけた」と供述していることが、新たに分かりました。

福岡市南区寺塚に住む木下玲子容疑者は、今月21日、同居する父親の惠一さんに油のようなものをかけて火をつけ、殺害したなどとしてきのう夜、逮捕されました。

この火事で自宅はほぼ全焼。

寝室の焼け跡から惠一さんの遺体が見つかり、67歳の母親も上半身に火傷を負って入院しています。

捜査関係者によりますと、木下容疑者は容疑を認めた上で、さらに、「母親にも灯油をかけた」と供述しているということです。

警察は、両親と木下容疑者の3人家族の中でのいさかいが事件につながったとみていて、詳しいいきさつや動機を調べています。

2019年5月28日(火)のニュース