RKB NEWS

宿泊税 北九州市も導入検討

5月29日(水) 12時05分


福岡県が導入する宿泊税をめぐり北九州市の北橋市長はきょう、独自の課税に向けた検討会議を設置する考えを明らかにしました。

北九州市の北橋市長はきょうの会見で宿泊税の導入に向けた検討会議を来月、設置すると発表しました。

会議は宿泊事業者や有識者で構成し、課税の必要性などについて検討します。

宿泊税をめぐっては福岡市内では県と福岡市双方が課税し、1人1泊2万円未満の場合、県が50円、福岡市が150円、福岡市以外では一律200円を課税し、半分を市町村に交付することで合意しています。

これに対し北橋市長は同じ政令市である福岡市と同額の150円を前提として検討するとしていて、9月議会までに方針を決めることにしています。

2019年5月29日(水)のニュース