RKB NEWS

行橋市の男性が最高賞「新世紀展」

6月4日(火) 12時36分


流派や画風にとらわれず様々な作品を楽しめる絵画展「新世紀展」がきょうから北九州市で開かれています。

戸畑区の北九州市立美術館本館で始まったこの絵画展は「新世紀美術協会」が毎年開いているもので、北九州市での開催は45回目です。

こちらは行橋市の城戸好保さんの作品で「鳥の聲ー誕生」。

九州では初めて最高賞にあたる東京都知事賞を受賞しました。

文明を象徴する原発が水に飲み込まれる様子と鳥の誕生が描かれ、災害からの復興を表現しています。

このほか会場には、入選作品を含め流派や画風にとらわれない絵画90点あまりが展示されています。

この絵画展は北九州市立美術館本館で今月9日(日)まで開かれています。

2019年6月4日(火)のニュース