RKB NEWS

危険!“爆竹男”を書類送検

6月10日(月) 12時13分


福岡市の都心で、火の付いた爆竹をマンションから道路に投げる動画がインターネットで拡散していた問題について、26歳の男性が道交法違反の疑いで書類送検されました。

インターネットで拡散したこの動画などがきっかけとなり書類送検されたのは、福岡市中央区に住む26歳の会社員の男性です。

男性は先月16日の未明、マンション5階にある自宅のベランダから火の付いた爆竹を道路に投げた道交法違反の疑いが持たれています。

警察によりますと、男性は当時、知人の男女4人と酒を飲んでいて、「こんなに大きなことになるとは思わなかった」と話しているということです。

道交法は、人や車両を傷つけるおそれのある物を投げることを禁じています。

2019年6月10日(月)のニュース