RKB NEWS

福岡県庁で「令和」モチーフの工芸品展

6月11日(火) 12時03分


新元号「令和」をモチーフにした福岡県産の工芸品を紹介する展示会が福岡県庁で開かれています。

福岡県庁11階の福岡よかもんひろばには、新元号「令和」を記念した工芸品の数々が展示されています。

こちらは、「令和」の文字を織り込んだ国指定の伝統的工芸品久留米絣です。

創業100周年を迎える、筑後市の久留米絣工房の4代目、池田大悟さんが製作しました。

また、こちらは香りを閉じ込めた巾着です。

「令和」の典拠となった万葉集には「珮」といわれる匂い袋が登場することから太宰府市の女性2人が再現しました。

そのほか、令和をテーマにした絵手紙や、令和ゆかりの地大宰府を紹介するパネルなども並べられています。

この展示会は、今月14日まで開かれています。

2019年6月11日(火)のニュース