RKB NEWS

福岡県が”豪雨復旧状況”を確認

6月11日(火) 12時03分


おととし7月に発生した九州北部豪雨の復旧・復興状況を確認する会議が、きょう福岡県庁で開かれました。

福岡県災害復旧・復興推進本部会議には小川知事と県の部長ら19人が出席しました。

この会議は、おととし7月に発生した九州北部豪雨などの被災地の復旧復興に対する県の各部署の取り組み状況と今後の対応を確認するものです。

会議では、建設型仮設住宅に朝倉市と東峰村あわせて103世帯210人、借り上げ型仮設住宅、いわゆる「みなし仮設」に214世帯540人が生活していることなどが確認されるとともに引っ越し費用の助成などの取り組みが報告されました。

各部の報告を受け、小川知事は、「どういうことができるのか直接お話を承りながら再建の方向を共に見出していくことを引き続きお願いする」と訓示しました。

2019年6月11日(火)のニュース