RKB NEWS

福岡・朝倉市九州北部豪雨の被災地は

7月3日(水) 12時08分


九州北部豪雨からあさってでまる2年を迎える福岡県・朝倉市から中継です。

西尾さん。

おととし7月の九州北部豪雨で33人の犠牲者が出た朝倉市です。

きのう夜から降り始めた雨は現在、強くなってきています。

川の水の量も増えてはいませんが茶色く濁ってきています。

豪雨からあさってでまる2年となりますがこちらの赤谷川では現在も土のうが積み上げられ護岸工事が続いています。

復旧作業が続く中での雨に、住民の方からは不安の声も聞こえます。

朝倉市では先週土曜日から日曜日にかけて避難を呼びかける「レベル4」が発令され、およそ1万人が避難の対象となりました。

朝倉市は、きのうの夕方から市内の5か所に避難所を開設していて午前9時現在で15世帯17人が避難しています。

今後、激しい雨が降るおそれもあり、朝倉市は早め早めの避難を呼びかけています。

以上、朝倉市から中継でした。

2019年7月3日(水)のニュース