RKB NEWS

大名小跡地に「高級ホテル」2022年完成へ

7月8日(月) 12時02分


福岡市天神地区の再開発事業で外資系の高級ホテルなどが建設される大名小学校の跡地できょう、工事の安全を祈る神事が執り行われました。

福岡市中央区の大名小学校跡地で開かれた安全祈願祭には施設を手がける西鉄や西部ガスなどのトップらが出席しました。

ここに建設されるのは九州初進出となる外資系の高級ホテル「ザ・リッツ・カールトン」やオフィスなどが入る地下1階、地上25階建ての大型複合施設です。

高さ制限の緩和などによって老朽化した民間ビルの建て替えを促す福岡市の再開発事業「天神ビッグバン」の一環として計画されました。

祈願祭で高島市長は「福岡市には高級ホテルの機能が求められている。成長を牽引する場所になってほしい」と述べ、期待感を示しました。

施設は2022年12月の完成を目指しています。

2019年7月8日(月)のニュース