RKB NEWS

荷積み労災…運転手を書類送検~飲酒容疑も

7月8日(月) 19時45分


貨物船で荷さばき中に福岡県宇美町の男性が、コンテナに挟まれて死亡した事故です。

警察は、指示を無視してトレーラーを後退させたとして、運転手を過失運転致死の疑いで書類送検しました。

宇美町の会社員・木塚國義さんは、今年1月、福岡市東区に停泊した貨物船の甲板でトレーラーを誘導する際、荷台に挟まれ死亡しました。

その後の捜査で、木塚さんの笛を無視してトレーラーが後退したことが事故の原因だった疑いが強まり、警察は、運転していた男性を過失運転致死の疑いで書類送検しました。

また、公道でないため直接、罪には問われないものの、運転手が酒を飲んでいた疑いも浮上。

警察は、こうした運転手の状態を含む安全管理を怠ったことが事故につながったとして、責任者だった男性も書類送検しています。

2019年7月8日(月)のニュース