RKB NEWS

唐津 高校生が園児と一緒に稚魚放流

7月9日(火) 12時03分


保育の大切さを実感してもらおうと、佐賀県唐津市で高校生と幼稚園児が一緒にカサゴの稚魚を放流しました。

佐賀県唐津市の砂浜では、きょう午前、唐津南高校の生活教養科の3年生と唐津幼稚園の園児が一緒に、カサゴの稚魚およそ1500匹を海に送り出しました。

唐津南高校では、園児たちと触れ合うことで保育の大切さや親としての在り方を考えてもらおうと、園児と一緒に活動する保育体験実習を行っています。

園児たちは大きく成長することを願いながら、大海原に向かう稚魚を見守っていました。

佐賀県では、13年前から毎年、県内の海や川で子供たちによる稚魚の放流が行われています。

2019年7月9日(火)のニュース