RKB NEWS

北九州市の映画ロケ過去最多に

7月11日(木) 12時04分


映画やテレビドラマの誘致に取り組んでいる北九州フィルム・コミッションの支援で撮影された作品数が昨年度、過去最多を記録しました。

北九州市の北橋市長によりますと北九州フィルム・コミッションが誘致した映画やテレビドラマの撮影本数は昨年度、国内作品42本、海外作品54本のあわせて96本で、これまでの最多記録44本を大きく更新しました。

経済波及効果は2億7710万円にのぼると試算しています。

またタイから12本を誘致するなど今回初めて海外の作品が国内作品の撮影本数を上回りました。

北橋市長は「映画の街・北九州を国内外に情報発信し、地域経済の活性化、街のにぎわい創出につなげたい」としています。

2019年7月11日(木)のニュース