RKB NEWS

高齢者を疑似体験 新任警官が介護研修

7月18日(木) 12時11分


高齢者や障害者などへの理解を深めようと、福岡県警察学校の初任科生が介護や介助について学ぶ研修会が開かれました。

介護研修には去年10月に採用された警察官28人が参加しました。

研修では耳栓やゴーグル、おもりを装着して箸を使ったり、テレビを見たりしながら、80歳を想定した高齢者の聴力や視力、筋力を擬似体験しました。

福岡県警察学校では、高齢者や障害者が感じる体の不自由さや、そこから生じる不安などを理解することで、相手の立場に立った職務執行の必要性を学んでもらおうと、

毎年この研修を実施しています。

きょう参加した28人は今月30日に警察学校を卒業し、県内の警察署に配属される予定です。

2019年7月18日(木)のニュース