RKB NEWS

雨による土砂災害に警戒台風5号昼過ぎに最接近へ

7月20日(土) 12時02分


大型の台風5号は、この後、昼すぎに福岡県に最も近づく見込みで、激しい雨による土砂災害に警戒が必要です。

台風5号は、1時間におよそ25キロの速さで北へ進んでいて、福岡県にはこの後、昼すぎに最も近づく見込みです。

現在、九州全域が風速15メートル以上の強風域に入っています。

あす正午にかけての24時間雨量は、福岡県は多いところで150ミリ、佐賀県は200ミリと予想されていて、木曜日からの雨で地盤が緩んでいるところもあり、土砂災害に警戒が必要です。

強風の影響でJR筑肥線は、姪浜~西唐津間で断続的に運転を見合わせたり、徐行運転をしたりしています。

一方、気象庁は、長崎県の五島と対馬に、数十年に一度の緊急事態を示す警戒レベル5相当の大雨特別警報を出しています。

2019年7月20日(土)のニュース