RKB NEWS

「記録的短時間大雨情報」も九州北部に猛烈な雨

7月21日(日) 13時07分


台風5号による大雨の影響で福岡県などの一部にはすべての住民に避難を呼びかける「警戒レベル4」が発令されています。

道路が冠水した福岡県小郡市から中継です!

九州北部には線状に発達した雨雲が次々と流れ込み、気象庁は午前6時前までの1時間に110ミリの猛烈な雨を観測した久留米市などに「記録的短時間大雨情報」を発表しました。

きのうからの雨量は、久留米市で325ミリ、朝倉市で278ミリに達しています。

線路も水につかり、JR鹿児島線が一部区間で運転を見合わせています。

この雨で久留米市の選挙管理委員会は、参議院選挙の投票を1時間遅らせました。

また、おととしの豪雨で30人を超える犠牲者が出た福岡県朝倉市にも、1時間に60ミリを超える非常に激しい雨が降っていて、すべての住民に避難を呼びかける「警戒レベル4」が発令されています。

一方、福岡県と佐賀県を流れる筑後川の支流には、氾濫のおそれのある水位を超えている川があります。

あす朝までの24時間の雨量は多いところで150ミリと予想されていて、土砂災害に厳重な警戒が必要です。

2019年7月21日(日)のニュース