RKB NEWS

参院選から一夜…当選者意気込み語る

7月22日(月) 13時33分


参議院選挙から一夜明け、当選した候補者はけさ、国政に臨む意気込みを語りました。

改選3議席の福岡選挙区では、自民党・現職の松山政司氏が58万票余りを獲得しトップ当選したほか、元中学校教諭の公明党・新人、下野六太氏が初めての当選、そして、立憲民主党・現職の野田国義氏が再選を果たしました。

一夜明けたきょう、下野氏は当選を伝える新聞に目を通し国政への抱負を語りました。

一方、佐賀選挙区は自民党の現職山下雄平氏が野党統一候補を破りました。

大雨の影響などもあり、投票率は福岡が42・85パーセントと過去最低を更新、また佐賀は45・25パーセントで過去2番目の低さとなりました。

2019年7月22日(月)のニュース