RKB NEWS

日田彦山線復旧めぐり住民説明会

7月28日(日) 18時07分


おととしの九州北部豪雨で被災し、今も一部区間が不通となっているJR日田彦山線の復旧をめぐり、福岡県添田町がきょう、住民向けの説明会を開きました。

地元の住民約50人が出席して開かれた説明会で、添田町の寺西明男町長は「JR九州は責任を放棄している」と批判し、あくまでも鉄道での復旧を求める考えを示しました。

その後、JR九州が示している鉄道、BRT=バス高速輸送システム、それに路線バスの3つの案について町の担当者が説明しました。

これに対して10人ほどの住民が意見を述べ、全員が鉄道での復旧を求めました。

この説明会は、これまでのJRなどとの協議の内容を説明し、住民の意見を聞くため町が開いたものです。

あさって30日には、福岡県東峰村も住民説明会を開く予定です。

2019年7月28日(日)のニュース