RKB NEWS

福岡県43年連続黒字見込み 県債残高は過去最高に

7月29日(月) 12時14分


福岡県の2018年度の普通会計の決算は43年連続の黒字となる見込みです。

一方で、県の借金=県債残高は3兆6000億円を超え、過去最高となっています。

福岡県が発表した2018年度の普通会計の決算見込みによりますと、歳入は1兆6256億円あまり、歳出は1兆5838億円あまりといずれも前の年度から減っています。

県税収入や地方交付税などが減少し、九州北部豪雨の災害復旧事業費が増加するなどしていますが、「税源移譲」に伴い市町村への交付金が大きく減ったことで実質収支は、43年連続の黒字となる見込みです。

一方で、県債残高は過去最高の3兆6308億円です。

2019年7月29日(月)のニュース