RKB NEWS

ビートル新型船来年7月就航~日韓関係懸念

7月29日(月) 19時48分


博多と韓国・釜山を結ぶ高速船「ビートル」の新型船が、来年7月に導入されることになりました。

ただ、日韓関係の悪化によりビートルの利用者数は、大幅に減っています。

JR九州高速船が導入する新型船「クイーンビートル」は、全長83・5メートルの3階建てで、定員は502人とこれまでのビートルの2倍以上となります。

デザインを担当したのは、豪華寝台列車「ななつ星」などを手がけた水戸岡鋭治さんです。

●水戸岡鋭治さん
「飲み物を買ったりしながら、ラウンジでゆったり過ごす。3時間の旅ですからキッズルームを作っています」

一方、日韓関係の悪化などにより、今月のビートルの利用者数は、去年と比べおよそ3割減る見通しです。

クイーンビートルは、来年7月15日に運航を開始する予定で、来年1月から一般向けの予約受付けが始まります。

2019年7月29日(月)のニュース