RKB NEWS

酷暑!久留米で38.4度~レールもゆがむ

8月2日(金) 19時48分


きょうも暑い一日でした。

福岡県久留米市では気温が38度を超えるなど県内各地で今シーズン一番の暑さとなりました。

その影響なのでしょうか、JR福北ゆたか線では、レールがゆがんでいるのが見つかり一時、運転を見合わせました。

●永牟田記者
「立っているのもつらいような暑さです。人通りもまばらです」

高気圧に覆われて夏空が広がったきょうは、各地で気温がぐんぐんと上がり今シーズン一番の暑さとなりました。

福岡県久留米市では、午後3時半すぎに38・4度を観測。

福岡市や北九州市飯塚市などでも気温が35度を超える「猛暑日」となりました。

きょうは福岡県で58人、佐賀県で12人が、熱中症の症状を訴えて病院に運ばれるなどしています。

●インタ・子連れ女性
「暑い、子供が大変」

・高校生
「部活あるので大変です」「アイス買って食べます」

一方、きょう午後2時前には、JR福北ゆたか線の折尾駅から東水巻駅の間で、レールが変形しているのを走行中の列車の運転士が発見し通報しました。

JR九州によりますと、鉄製のレールの一部がゆがんでいて、猛烈な暑さが原因とみられています。

この影響で折尾駅から中間駅間の上下線で、およそ4時間にわたって運転を見合わせました。

2019年8月2日(金)のニュース