RKB NEWS

英彦山で300人が健脚競う

8月11日(日) 18時22分


「山の日」のきょう、福岡県添田町の英彦山で石段を駆け上がるイベントが開かれ、およそ300人が健脚を競いました。

「英彦山参道駆け上がり大会」には中学生から70代までの男女およそ300人が参加しました。

参加者は銅鳥居から英彦山神宮奉幣殿までのおよそ800メートル、高低差160メートルの参道でタイムを競います。

序盤はなだらかな石畳で、多くの参加者が一気に駆け上がりますが、終盤、急な石段にさしかかると息を切らしながら進み、倒れこむようにゴールする人の姿も見られました。

男性
「思った以上にきつかった」

などこの大会は、「山の日」の制定を地域の活性化につなげようとはじめられたもので、今年4回目となります。

2019年8月11日(日)のニュース