RKB NEWS

逃走中に窃盗 男を逮捕~保釈後一時不明に

8月20日(火) 19時53分


窃盗の罪で起訴された28歳の男が、保釈後に一時、行方が分からなくなっていた事件です。

この男が、逃走中に、別の窃盗事件を起こしていたとしてきょう、逮捕されました。

窃盗などの疑いで逮捕されたのは、自称・大阪市中央区の飲食店従業員畑中力斗容疑者です。

畑中容疑者は、去年11月、小倉南区の民家に窓ガラスを割って侵入し、ジュースや車の鍵などを盗んだ疑いが持たれています。

畑中容疑者は、窃盗の罪で2回起訴され、裁判中の去年9月に保釈されたものの、連絡が途絶え、行方がわからなくなっていました。

その後、保釈を取り消され、先月、大阪府内で身柄を確保されました。

取り調べに対し、畑中容疑者は「何も言いたくありません」と容疑を否認しています。

法務省によりますと、全国で保釈中に別の犯罪を犯し起訴された人数は、この10年間でおよそ3倍に増加しています。

2019年8月20日(火)のニュース