RKB NEWS

北九州と大連ごみ分別で情報交換へ

8月22日(木) 12時25分


北九州市は友好都市締結40周年を迎えた中国の大連市と、今後ごみの分別について情報交換することで合意したことを明らかにしました。

これはきょうの定例会見で北九州市の北橋市長が発表したものです。

北橋市長は今週、友好都市締結40周年を迎える中国の大連市を視察しました。

北九州市は公害を克服した経験から大連市の環境改善についてこれまで様々な協力を行っていて、今後はごみの分別について情報交換していくことで大連市と合意したということです。

また、先週新たに中国の航空会社「中国東方航空」の北九州市と大連市を結ぶ直行便が就航したことについて、北橋市長は「観光やビジネスの面でも交流が促進されることを期待する」と話しました。

2019年8月22日(木)のニュース