RKB NEWS

武雄市 り災証明書の受け付け開始

9月2日(月) 12時27分


記録的な大雨に見舞われた佐賀県武雄市では、被災者支援金の給付や税金の減免などに必要な罹災証明書の申請受け付けが始まりました。

武雄市では、きょうから罹災証明書の受け付けが始まり、1階に専用の窓口が設けられました。

罹災証明書は、被災した建物の被害の程度を証明する書類で、申請を受けた市町村が現地を調査して発行します。

被災者支援金の給付・融資のほか税金や保険料の減免などの申請に必要となります。

罹災証明の申請には、印鑑と被害状況がわかる写真、本人確認書類が必要です。

一方、旧武雄市北方支所にあるボランティアセンターには、午前9時の受け付け開始から多くの人たちが集まりました。

被災した家屋に移動したボランティアは、住民らとともに床下にたまった土砂を撤去したり汚れた床を拭いたりする作業にあたっていました。

2019年9月2日(月)のニュース