RKB NEWS

油の回収ほぼ終わる…長崎道も開通

9月10日(火) 12時12分


大雨で市街地が冠水し、工場から大量の油が漏れ出た佐賀県で、回収作業がほぼ終わりました。
通行止めとなっていた長崎道もけさ開通しています。

およそ5万リットルの油にまみれた佐賀県大町町ではけさ、自衛隊などが640人態勢で残った油が無いか確認。
農業用の水路にボートで入り、水面に浮いた油が無いかも見て回りました。

佐賀県と福岡県で4人が死亡した先月の記録的な大雨では、大町町にある鉄工所からの油が田畑や住宅を汚染し、鼻をつく異臭が住民を悩ませてきました。きょうの作業で問題がなければ、大規模な態勢を組んだ油の回収は終わります。

一方、道路が変形して通行止めとなっていた長崎道の武雄北方インターチェンジから嬉野インターチェンジの区間は、夜通しの工事の末、けさ、13日ぶりに暫定的に開通しています。

2019年9月10日(火)のニュース