RKB NEWS

局地的に「非常に激しい雨」 台風17号で暴風警報

9月22日(日) 13時00分


9月22日午前11時30分現在の情報です。

大型の台風17号は、今夜、九州北部に最も近づく見込みで、福岡県と佐賀県の全域に暴風警報などが出されています。

台風17号は、長崎の西の海上にあって、1時間におよそ30キロの速さで北北東に進んでいると推定されます。

福岡県では昼過ぎから、佐賀県では夕方から非常に強い風が吹く見込で、特に沿岸部は最大瞬間風速が45メートルの「猛烈な風」が予想されています。

また、あす正午までの24時間に降る雨の量は、それぞれ多い所で▽佐賀県で180ミリ、▽福岡県で120ミリとなっています。

時間帯によっては、局地的に「滝のように降る」非常に激しい雨も予想されていて、気象台が土砂崩れなどに警戒を呼びかけています。

先月末の記録的な大雨で病院が孤立するなどした佐賀県大町町では、台風に備えて9世帯16人が避難所に身を寄せています。

交通機関の乱れです。福岡空港を発着する空の便は、国内線と国際線あわせて192便が欠航しています。

このため、予定を変えて新幹線を利用する人が相次ぎ、博多駅のチケット売り場は、朝から長蛇の列となりました。

山陽新幹線と九州新幹線は、今のところ平常運行しているものの、在来線は運休や減便が相次いでいます。

2019年9月22日(日)のニュース