RKB NEWS

“死亡事故ゼロ”博多南駅で呼びかけ

9月26日(木) 12時26分


福岡県那珂川市は9月26日を「交通死亡事故ゼロを目指す日」と定めています。
JR博多南駅前では、けさ、市長や警察官らが交通安全を呼びかけました。

博多南駅前では、けさ、那珂川市の武末茂喜市長や市の職員、それに警察官らおよそ20人が通勤や通学する人たちにチラシやポケットティッシュを配りながら、飲酒運転の撲滅やシートベルトの着用などを呼びかけました。

警察によりますと、福岡県内では、この1年間で97件の交通死亡事故が起きていて、そのうち9件が飲酒運転によるものとなっています。

那珂川市は、警察や防犯組合と連携し地域の見守り活動に使う「青パト」でのパトロールなどを強化しています。

2019年9月26日(木)のニュース