RKB NEWS

検察事務官がストーカー~不法に住所を入手

9月27日(金) 20時00分


現役の検察事務官が、在宅起訴されました。

捜査書類をでっちあげて住所を割り出し、福岡市博多区の女性につきまとうなどした疑いが持たれています。

ストーカー規制法違反などの罪で起訴されたのは、長崎地検厳原支部に所属する31歳の検察事務官の男性です。

起訴状などによりますと、この事務官は先月、福岡市博多区に住む女性に自宅の近くでしつこくつきまとったとされています。

検察によりますと、女性の住所はその2か月前に、うその「捜査事項照会書」で市役所から聞き出したとみられ、インターネットの掲示板に女性の行動についても書き込んでいたということです。

検察は、事務官が女性に対し、一方的に恋愛感情を募らせていたとみています。

この事務官はきょう付で、懲戒免職の処分を受けました。

2019年9月27日(金)のニュース