RKB NEWS

風俗店で“体当たり” 門司税関職員を逮捕

9月28日(土) 12時14分


きのう夜、北九州市小倉北区の風俗店で従業員の男性に体当たりをしたとして門司税関の幹部職員の男が逮捕されました。

暴行の疑いで逮捕されたのは、門司税関調査部の統括調査官東藤大典容疑者(50)です。

東藤容疑者は、きのう午後10時半ごろ、小倉北区船頭町の風俗店で男性従業員に対し肩で体当たりをするなどの暴行を加えた疑いがもたれています。

警察によりますと、東藤容疑者は当時酒に酔っていて「頭突きをされた」と女性従業員から報告を受けた男性従業員が声をかけたところ、店の外に逃げようと走って体当たりをし、その場で取り押さえられたということです。

取り調べに対して東藤容疑者は「体当たりをしたつもりはありません」と容疑を否認しています。

門司税関は「事実関係を確認中です」とコメントしています。

2019年9月28日(土)のニュース