RKB NEWS

“スーパードルフィン”退役前に感謝祭

9月29日(日) 11時40分


全日空のボーイング737ー500型機、通称「スーパードルフィン」が来年春に運航を終えるのを前にきのう福岡空港でファン感謝祭が開かれました。

ファン感謝祭には応募で選ばれた60人が集まり、まず、スーパードルフィンに乗って滑走路内をゆっくりと移動しました。

その後、参加者たちは操縦席に座ったり、機体のすぐそばで記念撮影をしたりと、普段は味わえない体験を楽しんでいました。

1995年に就航したボーイング737ー500型機は機体がイルカの形に似ていることなどから「スーパードルフィン」の愛称で親しまれてきましたが、老朽化に伴い、来年春に運航が終了します。

このイベントは退役前にファンに特別な思い出を作ってもらおうと企画されました。

2019年9月29日(日)のニュース