RKB NEWS

太陽光発電パネルが損壊~台風17号強風で

10月1日(火) 19時46分


こちらは先月22日に接近した台風17号による被害です。

佐賀県白石町の太陽光発電施設のパネルが強風にあおられ、多数損壊していたことがわかりました。

●吉田カメラマン
「パネルがめくれて、岸に重なっています」

台風17号による被害を受けたのは、佐賀県白石町新拓の有明貯水池にある太陽光発電施設です。

白石町と協定を結んだ「ウエストエネルギーソリューション」が町から池の水面およそ3万平方メートルを借りて運営しています。

白石町では、台風17号で、最大瞬間風速30・3メートルを観測し、この強風のため太陽光パネル、およそ9500枚の3割程度が、台から外れるなどしたということです。

現段階では、池の水の汚染などは確認されていません。

●白石町生活環境課江島利高課長補佐
「例えば魚が浮いているとか異変があっているとか、そういうことは見えない状況ですけど、水没している所があるかと思いますので、業者の方には水質検査を徹底してやってもらう」

現場では、連日、パネルの撤去作業が続けられています。

2019年10月1日(火)のニュース